読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

続・習慣ポテトサイダー

映画・漫画・テレビ・書籍の鑑賞記録を淡々と。

Kindle日和 コミックビーム連載 三宅乱丈 「イムリ」 を読む

先週金曜、Kindleストアをダラダラと徘徊していたら、三宅乱丈の「イムリ」が半額にさらに安かった(現在は定価だと思う)。前から気になっていたし、先々週くらいに放送していた「漫勉」を観たこともあり、興味をソソられる。

19巻(現行も連載中)か~と思いつつ半額なので、おりゃっ!と全巻まとめ買いをポチり。

色々と設定が複雑そうなので、当日読むのは避けて翌日まで我慢する。

土曜にちょろっと仕事をやった後、帰宅して一人黙々と読みふける。

漫画でファンタジー系は苦手かな~と思っていたが、グイグイとストーリーに引き込まれてしまった。

ビーム連載なのでもちろんなのだが、青年から大人向けの内容で、社会・政治・人権問題を盛り込みながら主人公デュルクの成長を描く。

少年誌でもわかりやすく、上記の内容を描いたものはある。が、程よく難解で複雑な展開(引き伸ばし的なものではない)が心地よく一気に読む。

イムリの世界に浸っていたい(現実逃避の意味も含)、気づけは土曜の30時(日曜朝6時)。

 

何やってんだ38歳。

 

イムリおすすめです。

 

日曜に読んだ秋山ジョージ「捨てがたき人々」はうーん、、、もう一回読んでみます。

 

おやすみなさい。

 

 

 

 

 

捨てがたき人々 上 (幻冬舎文庫)

捨てがたき人々 上 (幻冬舎文庫)

 

 

捨てがたき人々 下 (幻冬舎文庫)

捨てがたき人々 下 (幻冬舎文庫)