読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

続・習慣ポテトサイダー

映画・漫画・テレビ・書籍の鑑賞記録を淡々と。

何なんだこれは。。『哭声/コクソン』ほか3月13日〜3月19日映画・漫画・テレビ鑑賞記録

映画 観賞記録

だらりんと過ごしていたら、あっという間に過ぎていった三連休。有意義な休みとはどのようにとったら良いのか未だにわかりません。勉強したり、サイト作ったり自分のために使う人に憧れます。次の連休は多分ゴールデンウィーク。無駄に過ごしそうで怖いです。皆さんはどんな休日を過ごしたでしょうか?

というわけで先週の鑑賞記録です。

映画

『哭声/コクソン』

 「チェイサー」「哀しき獣」のナ・ホンジン監督によるサスペンススリラー。平和なある村にやってきた、得体の知れないよそ者の男。男が何の目的でこの村に来たのかは誰も知らない。村じゅうに男に関する噂が広がる中、村人が自身の家族を虐殺する事件が多発する。

哭声 コクソン : 作品情報 - 映画.com

 もう、あらすじの4行だけで「これは!」と期待せずにはいられません。前作、前々作と非常に面白かった作品なので今回は必ず劇場で見てやろうと。かなり期待値を上げて臨みました。

いきなり感想を言うと、僕にはあまり、、、な作品でした。考察ブログもいくつか読みましたがそこまで感じることはできなかったです。鑑賞力が足りないことは認めますが、好きではないなと。ある解説では「観る人にとって如何様にも受け取れる作品」と評していたけど、ストーリーやテーマに対して、一本筋を立ててほしかったなと。分かりにくい点が多々あって難解でした。

今作で注目を集めた國村隼はもちろん、主役のクァク・ドウォン、祈祷師役のファン・ジョンミン等々出演者の演技は素晴らしいです。久々に韓国映画を劇場で見ましたが、日本人にはない危険な迫力があります。それだけに。。。もうって感じです。

来週「アシュラ」または「お嬢さん」を観に行ってこのモヤモヤを払拭しようかなと考え中です。

テレビ

山田孝之のカンヌ映画祭 

そろそろ佳境。どうなるの山下監督! 

第08話

第08話

 

バイプレイヤーズ 

夏川結衣さん良かったです。

 

 

ゴズリングに萌える。。少しネタバレ「ラ・ラ・ランド」ほか3月6日〜3月12日映画・漫画・テレビ鑑賞記録

映画 漫画 観賞記録

やっと暖かくなり出不精の僕でも外出しやすい季節になってきました。しかし夜はまだ寒い、暖房ガンガンで過ごしてます。酔ってそのまま寝てしまい、異様な暑さに目覚めることも。一人暮らしの方は暖房の付けっぱなしにお気をつけ。

というわけで先週の映画とか漫画とかの鑑賞記録です。

映画

「ラ・ラ・ランド」


「ラ・ラ・ランド」本予告

夢追い人が集うロサンゼルスが舞台。女優、ジャズピアニストを目指し奔走する二人の男女が出会い、恋に落ちた一年の物語。監督は「セッション」で話題を集めたダミアン・チャゼル。

アカデミー賞6部門受賞で否が応でも期待度が高まりますが、「ハードル上げすぎない」×2と念じながらいざ鑑賞。感想としては大好き!まではいかないものの、楽しめました。特にライアン・ゴズリングがやっぱり(ドライヴからのファン)良くて、エマ・ストーンよりゴズリングに萌えた2時間でした。見所をいくつかご紹介。

※ここから多少ネタバレありますので読まれる方はご注意ください。

冒頭の高速道路ミュージカルシーンはスクリーンで観るべき

 「これはミュージカル映画ですよ〜」宣言よろしく、主人公2人が出会う高速道路でいきなり派手なミュージカルシーンで幕が開きます。詳しくは筆力もないので割愛しますが、映画ならではというか、舞台と人数を活かした壮大なダンスが繰り広げられます。60インチTVならそれなりに。かもしれませんが、スクリーンで観るべきだなと。ミュージカル食わず嫌いの僕でもちょっと興奮しました。

ゴズリングのやりすぎないダンスが良い

ミュージカル映画なので心の機微や要所で必ずダンスが入ります。中盤からは主人公2人のダンスが主に。そこで素晴らしかったのが、2人のやりすぎないダンスの上手さ。もう、キレッキレで踊られたら食わず嫌いの僕はちょっと観てて恥ずかしい。。となってたかも。ですがキレすぎず、ダレすぎずのいい塩梅(じゃあ上手くないじゃんというわけじゃないです)でした。

ミュージカルパート前後に違和感もなく、自然と入る辺りも上手いなと。特にゴズリングのダンスはこなれ感もあり、カッコイイ。エマストーンよりもゴズリングばかりに目が行きました。

ゴズリングの優しさ、、そしてエマよ、、、

中盤以降「まあまあ、ここまでは大体予想してたけど、この後どうなんだろ。ちょっと飽きてきたかも」と思っていたところで話が色々と動き出します。お決まりと言えばそうなんですが、2人の夢の進み具合に差が出始めます。喧嘩も増えます。すれ違いも出始めます。この状況で大体嫌気が差始めるのが日本のドラマだと男の方ですが、この作品では男のゴズリングがもう、、優しい。優しすぎる。なんで優しいのかを解説するとマジでネタバレになるのでこの辺りは元気だったら、一ヶ月後とかに書きたいです。

そしていきなりですがラスト。まさか泣いてしまうとは。。。JK・シモンズの笑顔で吹いたのが最後。あとは涙がポロポロと。。目の奥がちょっと悲しそうなゴズリングを観ると、なおさら涙腺がゆるくなりました。こういうラストなのかー。賛否ある終わり方だなと。まあでも総合的には好きな映画でした。

ざっと書いて思い出してみましたが、この監督さんはあまり女性の気持ちを描かない、もしくは描くのが下手なのかなと。エマ・ストーンに魅力が感じられなかったのもそのせいかもしれません。なんかステレオタイプだったので。

とにかく、映画館(なるべく大きなスクリーンで!)で観るべき作品であることには違いありません。

漫画

BLUE GIANT』(ブルージャイアント)最終第10巻

BLUE GIANT 10 (ビッグコミックススペシャル)

BLUE GIANT 10 (ビッグコミックススペシャル)

 

 なんでそんなことするの〜!石塚先生!とコインランドリーで叫びました(心の中で)。でも最終的に良い話だったので納得するしかありません。。。でも酷いことするな〜。今回も読んでて音が聞こえてきた。泣けます。ほんと凄い作品です。

BLUE GIANT SUPREME』第1巻

BLUE GIANT SUPREME 1 (ビッグコミックススペシャル)
 

 前述の続編。ここからがいよいよ本編。楽しみです。

テレビ・動画 

山田孝之のカンヌ映画祭
第01話

第01話

 

先が見えない。。だから良いのか。

バイプレイヤーズ 

おじさん達の学園祭もそろそろ終盤!

有田と週刊プロレスと 

 今回のゲストは水道橋博士です。

 

 

和製ズートピア?肉食・草食動物が共存する学園漫画「BEASTARS」ほか2月27日〜3月5日映画・漫画・テレビ鑑賞記録

観賞記録

週末にかけて仕事が立て込み、土曜日も出勤。CMでも話題のセールなので仕様がないのですが、先週は映画を見ることができませんでした。悲しい。

今週土曜はワラライフならぬ『ラ・ラ・ランド』を鑑賞予定。なるべく前情報を入れず、CMにも目を背け(不覚にもJ・K・シモンズが超笑顔で腕を広げる姿を見てしまい吹き出しましたが)楽しみにしています。

というわけで、今週は映画感想はありません。漫画とテレビ、あと雑記です。

漫画

BEASTARS 第1巻

週間少年チャンピオンで連載中の作品。刃牙や弱ペダ、ドカベン等人気作品とは違うジャンル。どちらかというと月刊青年誌向け(アフタヌーンとか)の匂いがする作品です。

舞台は肉食動物と草食動物が共存する高校が舞台。主人公のレゴシは狼ですが、いたって温厚。むしろ気弱で周りとの協調性を重視するタイプ。しかし、時折自分の中に眠る肉食動物としての本能に悩まされます。

物語の冒頭は、学園生徒のアルパカが、何者かに殺されてしまう事から始まります。この事件は今まで平和を保ってきた学園を揺るがすだけでなく、皆が心に潜めていた埋めることのできない草食・肉食互いの不信感があらわになるきっかけとなります。

レゴシも例外ではなく、アルパカを襲った肉食であろう犯人(まだ肉食とは断定されていません)の本能を理解できると思いつつそんな自分を否定し、悩む。内に眠る肉食の本能を自分はコントロールできるのか。そんなレゴシにある出来事が。。。気になる展開で1巻は終わります。

ほのぼのとした学園生活の裏にあるサスペンスと草食・肉食間の見えない壁。2巻が非常に楽しみです。昨年大ヒットした映画「ズートピア」はアメリカ社会を動物に例えた傑作でした。人種や差別の問題を動物世界を通して見せることで、子供はもちろん実は大人に一番響いた作品でした。

BEASTARSは読者層である中高生・若年層の葛藤や悩みをレゴシ達をとおして描いていくのか。思春期系の悩み等々。しかし、表立ったテーマはまだ見えず、言いたいことはそれだけでもなさそうで、後半は深いところにいくのかなとも。今後の展開が気になります。

バトルものやスポーツではないジャンルのため人気がそれほど上がらない感じもします。いきなり打ち切り。というケースもあるかなと。少年誌向けではないけれど、何か魅力がある作品なので続いてくれたらいいなと思います。

 

追記:3月7日に書いた記事ですが誤字脱字がひどくかなり修正しました。。。酔いながら書くのは下書きまで。昨日読んでくださった方々申し訳ありませんでした。。。

お詫びにトンデモ世紀末動物漫画を紹介します。

BEASTARS 1 (少年チャンピオン・コミックス)

BEASTARS 1 (少年チャンピオン・コミックス)

 

 

ズートピア (字幕版)

ズートピア (字幕版)

 

 

 テレビ

山田孝之のカンヌ映画祭

ここに来て加速度アップ。長澤まさみ投入。愛菜ちゃんの様子にも変化が。。最終回が気になります。 

第08話

第08話

 

 

バイプレイヤーズ

大杉漣の真の目的とは!?

 

有田と週刊プロレス

プロレスモノマネ番組としても最高です。

 

 

やっぱり戦争良くない。人が狂う。実録ベトナム戦争映画『カジュアリティーズ』ほか、2月20〜26日映画・テレビ・漫画・書籍鑑賞記録

観賞記録

映画

カジュアリティーズ

ベトナム戦時中に起きた、アメリカの部隊の戦争犯罪を描いた実録映画。監督ブライアン・デ・パルマ作品。主演はマイケル・J・フォックス、同じ部隊の軍曹にショーン・ペンが演じています。

終わりの見えないベトナム戦争の中で主人公エリクソンが人道を超えた犯罪を目の当たりにする。深い傷を負ったまま帰還兵となったエリクソンは、バスに乗車中、一人のベトナム人女性を目撃する。彼は忌まわしき戦中の過去をフラッシュバックする、、

有名な作品なので観ている方も多い思うのですが、僕は全く知りませんでした、、、先日、映画評論家の町山智浩さんが配信している有料音声コンテンツ『映画その他ムダ話』の中のデパルマ特集で同作品を知りました。

戦火という極限状態のなかで人は何を考え、どんな行動をするのか。そして自制心をどこまで保つことができるのか。仲間を次々と失い、死の恐怖に怯える日々。その中で唯一の娯楽を制限されやり場のない日々を過ごす。ストレスが最大になった時、あなたはどちら側にいるだろうか。。

主人公よりも見る側に近い存在は、ジョン・レグザイモ演じるディアズ上等兵。断れない人間の罪も描かれています。

しかし、ショーン・ペンが若い。初々しくて可愛い。役は極悪だけど。。でも自分がやってることも分かってそうなんだよな。。そこがこの映画の悲しいところです。

そのほかのオススメ戦争映画もご紹介。

 

リダクテッド 真実の価値 [DVD]

リダクテッド 真実の価値 [DVD]

 

  

 

 

 

テレビ 

山田孝之のカンヌ映画祭

うーん、ちょっと面白く無くなってきました。

バイプレイヤーズ

大杉漣だけがコメディってる感じがします。

有田と週刊プロレス

小川・橋本が起こした未解決1・4事件の後半戦。

 

意外と良かったCG映画『GANTZ:O(ガンツ:オー)』、本当にあった実録・汚れた英雄『疑惑のチャンピオン』ほか、2月13〜19日映画・テレビ・漫画・書籍鑑賞記録

観賞記録

映画

GANTZ:O(ガンツ:オー)

人気コミック『GANTS』のフルCGアニメ映画版。アニメ、実写化にもなり多くのファンを持つ同作品。僕自身は実写映画は観たものの、漫画は5巻くらいで断念しました。

様々な媒体でこすられた感のあるガンツですが、今回のCG版は楽しめました。なぜこの世界に自分はいるのか、の設定はサクっと簡略化。バケモノとのバトルに重点を置き、上映時間もほぼ半分以上はバトル。手や足がちぎれる生々しいグロシーンはCGならではかなとも。女体が重なりあってできるアレはCGとはいえグロかったです。

まあしかし、CGが綺麗でヒロイン役の女の子の胸もプルンプルン。これがVRの標準クオリティになったら花澤健吾の「ルサンチマン」の世界もすぐそこだなと思いました。

GANTZ:O Blu-ray 通常版

GANTZ:O Blu-ray 通常版

 

 

ルサンチマン 全4巻 完結セット (ビッグコミックス)

ルサンチマン 全4巻 完結セット (ビッグコミックス)

 

 

疑惑のチャンピオン

実話を元に、ツールドフランス7連覇を達成(のちにドーピングにより剥奪)したアメリカのロードレーサーランス・アームストロングの半生を描いた作品。プロのロードレーサーとしてこれから!という時にガンに侵されたものの、奇跡のカムバック。その後、病み上がりとは思えない程の実力をつけ、世界最高峰のロードレース、ツールドフランスで7連覇を果たす。しかし、英雄と呼ばれた男の裏にはスポーツマンシップとはかけ離れた狂気の勝利への方程式があった。。。

冒頭でネタバレしちゃってますが、主人公をググれば検索画面からもドーピングの件はわかるのでご了承ください(アクセスも少ないし良いかなと。。)この手の話はよくあるのですが、主人公が実在する人物だと面白さは段違い。どうしてこんなことを。。ガンに侵されてしまったからなのか、生い立ちが超貧乏がからなのか。この作品では、ドーピングに至った経緯はそれほどドラマティックに語られません。

強調されているのは主人公の勝利への飽くなき探究心。「勝つためなら悪魔にでも魂売るぜ」的な潔さがあります。なんて言うんでしょう、この作品は一種のマフィア映画かもしれません。チームみんなでドーピングして勝って、美味いもの食って、良い女抱いて・・・欲望の為ならなんでもやる。成功するなら多少の悪事も構わねえ!人としてはダメなんですが小心者の僕としては、これ位の気概がある人間は憧れます。

善人として一生平凡で生きるか、悪人だが一時でもいいから富と名声を手に入れるか。どちらを選ぶかは、あなた次第。でもこの主人公、善人以上に結構努力してるなーと思ったのも事実。力の入れる方向、間違ったのかな。疑惑のチャンピオンとくれば邦画はアレですよね。そして僕の大好きなマフィア映画も貼っておきます。

 

汚れた英雄 角川映画 THE BEST [DVD]

汚れた英雄 角川映画 THE BEST [DVD]

 

 

 

スコット・ピルグリム VS. 邪悪な元カレ軍団 

「今カノの元カレの元カレを知っていますか?」って昔AIDS撲滅キャンペーンでこんなキャッチコピーがあったような気がします。この作品では元カレの元カレどころか、7人の元カレと対峙して退治していく青春ピコピコゲーム風格闘映画です。

可愛い女の子と付き合ったは良いものの、だんだん不安になっていく童貞男(主人公はそうじゃないけど)が、いかに自信をもって彼女に向き合い本当の愛を育んでいくか。そこまで言ってはいないけど、そういうことなんじゃないかなと思う作品です。

頑張れ!童貞!で関連作をいくつか。

 

 

 

 

テレビ

山田孝之のカンヌ映画祭

山田君が長尾謙一郎ファンで嬉しい。

バイプレイヤーズ

いつかちゃんと感想を書いてみたい番組です。しびれる。

ねほりんぱほりん

今週も安定のクオリティでした。素晴らしいです。

第05話

第05話

 

  

 

ねほりんぱほりん ニンゲンだもの

ねほりんぱほりん ニンゲンだもの

 

 

 

漫画

賭博堕天録 カイジ 和也編

賭博堕天録 カイジ ワンポーカー編

賭博堕天録 カイジ 和也編 1 賭博堕天録カイジ 和也編

賭博堕天録 カイジ 和也編 1 賭博堕天録カイジ 和也編

 

 

賭博堕天録 カイジ  ワン・ポーカー編 1 賭博堕天録 カイジ ワン・ポーカー編

賭博堕天録 カイジ ワン・ポーカー編 1 賭博堕天録 カイジ ワン・ポーカー編

 

 

 

 

発明&テレビ通販でまさかのアメリカン・ドリーム!『JOY』、天才詐欺師の華麗なる半生『キャッチ・ミー イフ・ユー・キャン』、「この街は俺が守る!」「いや、この俺だ!」「いいえ、私よ!」『バットマン VS スーパーマン』ほか、2月6〜12日映画・テレビ・漫画・書籍鑑賞記録

観賞記録

映画

『JOY』


『ジョイ』2017.2.8先行デジタル配信/2017.2.22ブルーレイ&DVDリリース

どん底貧乏主婦が子供時代に抱いていた発明家の夢を思い出し一念発起。ある画期的な商品を生み出し、売出しに奔走するのですが。。。

実話を元にしたド直球のサクセスストーリー。ですが、成功までの道のりが単純ではない所が良い。主人公のジェニファー・ローレンスちゃんが相変わらず可愛くて演技も良くて◎。特殊メイクなしで20代の初々しさから貫禄ある40代までこなす演技力はやはり凄い。

元気が欲しい!もうひと勝負!と思っている方にオススメです。ジュリア・ロバーツ主演の『エリン・ブロコビッチ』が好きな方も是非。

ジョイ (字幕版)

ジョイ (字幕版)

 

  

 

『キャッチ・ミー イフ・ユー・キャン 』

両親離婚の現実から逃げるように家を飛び出す16歳の主人公。唯一父親からもらった小切手を使い、パイロット、小児科医、弁護士と姿を変えて詐欺を働いていく。。。

実話を元にした、ある天才詐欺師の一代記。16歳の若さで小切手偽造をメインに様々な詐欺を働き、巨額の金をもうけていきます。偽造の方法は?なりすましの手口は?1960年代の話なので偽造方法は現代では無理ですが、なりすましは意外と現代にも通じるところがあるかも。

主演レオナルド・ディカプリオの演技も素晴らしく、こんな詐欺師だったら騙されるわーと納得。とくに女性はこんなイケメンに小切手の記載方法を教えてくれと言われたら。。落ちるしかない。

犯罪を次々と成功させていくものの、徐々に孤独になっていく主人公。彼を追いかける刑事と徐々に築かれていく奇妙な友情も見所の一つ。レオ様好きと実録犯罪ものが好きな方にオススメです。

余談ですが、父親役でクリストファー・ウォーケン出てたんかい!と嬉しくなったのであの名作も貼っておきます。

 

 

バットマン VS スーパーマン


映画『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』究極のバトル編 予告【HD】2016年3月25日公開

もし、街の金持ち自警おじさんと堅物真面目エイリアン超人が出会ったら。。当然住人たちはいい迷惑ですよね。でもお互いに自分の正義を信じぬくスーパーヒーロー。市民の声は聞こえません。さらにもう一人、凄まじい力をもつ超人女性が現れて。。。

公開直後の反応がイマイチだったため、観るのを先延ばししていましたがそれなりに楽しめました。ウェイン役にベン・アフレックが起用された事も触手が動かない理由の一つだったのですが、ビルドアップした肉体の仕上がりも良くこれはこれで良いかなと。

ワンダーウーマン役のガル・ガットが超絶綺麗でおお!(ワンダーウーマンのテーマもカッコイイ)となりましたが、すでにこの女優さんワイルドスピードで活躍していたんですね。失礼しました。美人なのにワンダーウーマンの衣装がちょっとスットコドッコイで、萌えの要素もあり。

マーベルに比べDCのコチュームはダサく、もう少し現代風にアレンジしても良いのかなと。キャプテン・アメリカの衣装バージョンアップ力を見習ってワンダーウーマンの衣装も少し手を加えてもらえたら、、、まあ超人なので仕様がないかもしれませんが。とりあえず今夏公開のワンダーウーマン新作に期待してます。

 

 

漫画

僕だけがいない街 9巻

 

この世界の片隅に 全3巻

 

ゴロセウム 1巻
ゴロセウム(1) (シリウスコミックス)
 

 

破戒
 
いいよね!米澤先生 1巻

 

SCATTER 8巻

 

テレビ番組

ねほりんぱほりん

山田孝之のカンヌ映画祭

第01話

第01話

 

 

有田と週刊プロレス

 

 書籍

1984年のUWF

1984年のUWF

1984年のUWF

 

 

1月30日〜2月5日映画鑑賞・テレビ鑑賞記録

観賞記録

まだまだ寒い日が続きますが、家に籠もれば問題無し。

今週は劇場へは行かず、自宅で鑑賞ざんまい。週末に友達と「この世界の片隅に」の何度目かの感想会。友人はもう3度もみているのですが、僕は1度のみ。上映館数も増え、2回目を観に行こうか検討中。1度も見ていない方は是非是非。「火垂るの墓」に変わる終戦記念日テレビ放映作品になること間違いなしです。

というわけで今週見た映画を媒体別でご紹介。

amazon

DENKI GROOVE THE MOVIE? -石野卓球ピエール瀧

アウトロー

sony playstation store

クライム・ヒート

テレビ番組

山田孝之カンヌ映画祭

ねほりんぱほりん

 

 

 

アウトロー (字幕版)

アウトロー (字幕版)

 

  

 

第05話

第05話

 

 

ねほりんぱほりん ニンゲン事典(仮)

ねほりんぱほりん ニンゲン事典(仮)