読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

続・習慣ポテトサイダー

映画・漫画・テレビ・書籍の鑑賞記録を淡々と。

何なんだこれは。。『哭声/コクソン』ほか3月13日〜3月19日映画・漫画・テレビ鑑賞記録

だらりんと過ごしていたら、あっという間に過ぎていった三連休。有意義な休みとはどのようにとったら良いのか未だにわかりません。勉強したり、サイト作ったり自分のために使う人に憧れます。次の連休は多分ゴールデンウィーク。無駄に過ごしそうで怖いです。皆さんはどんな休日を過ごしたでしょうか?

というわけで先週の鑑賞記録です。

映画

『哭声/コクソン』

 「チェイサー」「哀しき獣」のナ・ホンジン監督によるサスペンススリラー。平和なある村にやってきた、得体の知れないよそ者の男。男が何の目的でこの村に来たのかは誰も知らない。村じゅうに男に関する噂が広がる中、村人が自身の家族を虐殺する事件が多発する。

哭声 コクソン : 作品情報 - 映画.com

 もう、あらすじの4行だけで「これは!」と期待せずにはいられません。前作、前々作と非常に面白かった作品なので今回は必ず劇場で見てやろうと。かなり期待値を上げて臨みました。

いきなり感想を言うと、僕にはあまり、、、な作品でした。考察ブログもいくつか読みましたがそこまで感じることはできなかったです。鑑賞力が足りないことは認めますが、好きではないなと。ある解説では「観る人にとって如何様にも受け取れる作品」と評していたけど、ストーリーやテーマに対して、一本筋を立ててほしかったなと。分かりにくい点が多々あって難解でした。

今作で注目を集めた國村隼はもちろん、主役のクァク・ドウォン、祈祷師役のファン・ジョンミン等々出演者の演技は素晴らしいです。久々に韓国映画を劇場で見ましたが、日本人にはない危険な迫力があります。それだけに。。。もうって感じです。

来週「アシュラ」または「お嬢さん」を観に行ってこのモヤモヤを払拭しようかなと考え中です。

テレビ

山田孝之のカンヌ映画祭 

そろそろ佳境。どうなるの山下監督! 

第08話

第08話

 

バイプレイヤーズ 

夏川結衣さん良かったです。